タッチ

「タッチ」 作:あだち充 出版社:小学館 掲載誌:週刊少年サンデー(1981年~1986年)

「タッチ」は男女問わず大人気野球漫画ですよね。
私も子供の頃、はまりました。
知らない人はいないんじゃないかってくらいです。

あだち充の代表作でもありますね。

高校野球を題材に双子の兄弟である上杉達也と和也、そして幼馴染の朝倉南の3人を軸にした恋愛を絡めて描かれています。

この恋愛面が女子にも読みやすく人気があった要素でもありますよね。

もちろんテレビ化もされましたし、」映画化もされました。
主題歌や挿入歌も有名な曲が多く「タッチ」「背番号のないエース」「さよならの贈り物」「君が通り過ぎたあとに」くらいはご存知の方が多いのではないでしょうか。

そして野球漫画といってもタッチの中での主役は朝倉南になっちゃってる?ってくらい南チャンの人気がすごいですね。

特に20代から30代の年代にとってはダントツの1位です。

「野球漫画といったらタッチ!野球だけでなく恋愛も楽しめる」
男性は南ちゃんにはまり、女性はたっちゃんはまっていくんですよね。
もちろんかっちゃん派も多いかと思いますが・・・
私はやっぱりたっちゃん派かな~
この漫画で甲子園を目指した人もたくさんいると思いますよ。

コメントは受け付けていません。