ワキガ手術の種類

ワキガの手術にはどのような種類があるかご存じでしょうか。昔は手術によるワキガ治療は元凶の部分を取り除いてしまうやり方が主流でした。手術の方法に切除法があります。古典的なワキガ手術法ですが、傷跡が大きく入院を必要とするなどの問題があることからほとんど行なわれなくなっています。ワキガ手術には削除法というものもあります。皮膚の一部を切り取り、切り取った部分に特殊な器具を挿入します。

 

削除法では、器具を用いて皮下組織にある汗腺と皮脂腺とを取り除いてしまいます。傷は目立たないものの、皮膚が薄くなるようなことがあります。切除法は皮下組織と一緒に皮膚も切り取ってしまうやり方ですが、剪除法は皮膚はそのまま残し、皮下組織だけを除去します。これは医師が直接対象となる部位を目視しながら行ないますので、最も効果的なワキガ手術であるとされています。吸引法は汗腺を脂肪吸引を行なうようなやり方で吸い取ってしまうやり方です。この方法では、汗腺の取り残しながないかを医者が目で見ることができないために、完全な除去が難しいとされています。

 

最先端の技術として注目されているワキガの手術方法に超音波法と呼ばれているものがあります。超音波法は脇の下を数ミリほど切り開き、そこから器具を入れて超音波を出し、汗腺を破壊してから吸い出す方法です。手術の方法はいろいろな種類があります。ワキガ手術については事前に医師のカウンセリングを受け、納得して選ぶようにすべきです。

 

 

 

 

 

コメントは受け付けていません。