切除法によるワキガ手術

ワキガがコンプレックスになっている人は多いようですが、手術での治療は可能でしょうか。切除法は、昔からワキガの手術に用いられている技法であり、歴史のある手術法といえます。ワキの皮脂腺や汗腺、毛根があるためにワキガの臭いがします。切除法ではこの部分を取り除きます。手術で切除するのは、だいたい2~5センチぐらいの範囲です。ワキガの直接的な原因にあるのはアポクリン腺という汗腺です。

 

脇の下数㎝の範囲に存在しているため、全てを取り除くのはかなり大変なことです。ワキガの手術痕はひきつれになることもあり、目立ってしまいやすいようです。ワキガの手術がきっかけで、腕がうまく動かせなくなるという人もいます。神経に影響が出て、むくむ場合もあります。広く浅くの手術範囲なので、治るのは一朝一夕にはいきません。

 

気をつけなければならないところが、切除法には多く存在しています。ワキガの要因であるアポクリン腺は完全にすべてを取り除くこともできません。そのため、最近では、ワキガ手術で切除法が使われることはめったにありません。切除法より気軽に受けることができて、体への負担が少ないワキガの手術方法は色々ありますので、他の手術方法をチェックしてみてはどうでしょう。

 

 

 

 

 

コメントは受け付けていません。