ドカベン

「ドカベン」 作:水島新司 出版社:秋田書店 掲載誌:週刊少年チャンピオン

「ドカベン」こと山田太郎と岩鬼正美、殿馬一人、里中智、微笑三太郎などの仲間たちを中心とした主に高校を舞台とした野球漫画です。
でも最初は柔道漫画だったんだって~
中学では柔道部で高校で野球部にはいって野球漫画に移行していったようです。
知らなかった・・・

当時は魔球など非現実的な要素の多かった野球漫画が流行っていたが、水島新司は配球の読みなどリアルなプレーを描いていて、それがまた斬新だった。
躍動感のある水島さんの画風にも合っていてよかった。

いま思うとたしかにドカベンで魔球とか似合わないかも!?
子供のときに見たから私はあまりよく覚えていないんだけど ただただ山田太郎が優しくて器のでかい人だったってイメージ。
こんな二枚目とかじゃない人が主役ってのも不思議だな~って思ってました。
それでもついつい見ちゃってた気がします。

続編には、「大甲子園」「ドカベンプロ野球」「ドカベンスーパースターズ編」があります。

ドカベンはやはり40代に人気ですね。
40代では第1位です。
「野球の楽しさをドカベンで知った」という人も多くいるようです。

コメントは受け付けていません。