おおきく振りかぶって

「おおきく振りかぶって」 作:ひぐちアサ 出版社:講談社 掲載誌:月刊アフターヌーン 掲載期間:2003年から現在も連載中

ストーリーは公立高校の新設野球部を舞台に主人公たちが甲子園優勝を目指していくというものです。

新入生ばかり10人の無名野球部が甲子園を目指す。一見王道の野球漫画かなとおもいきや、作者の斬新な表現方法によって、「まったく新しい野球漫画」「野球漫画に新風が吹き込まれた」よいわれるようになります。

弱くて自虐的なまずありえない主人公の性格、メンタルトレーニングなどスポーツ心理学に焦点をあてているところ、ライバルを含む各選手たちの感情の起伏など表現豊かでまた繊細な心理描写が表現されています。

また父母会や家庭、応援団などの高校のクラブ活動としての日常も丁寧に描かれてします。
徹底的にリアルな野球漫画にこだわっている作品です。

なのでとび抜けて技術のある選手のおかげで勝ちすすんだり、非現実的なプレーがあrったり、奇跡があったりしません。
一人一人がしっかり役割をはたしていく、その大切さやチームプレーとしての面白さが表現されています。

現在まだストーリが完結してないためか10代から20代のひとに多く読まれている作品です。

コメントは受け付けていません。